上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっと、昨日のわかりませんについてなんですが、
もうちょっと前には現状把握ばっちしなんて言ってたのにねえ、矛盾してると思うでしょ。
 
で、ばっちしなのをUPしてみました。

新しくサイトを作りました。
自営業者の多重債務脱出計画
ここの『家計簿公開』の『5月までの集計』に載せました。

これを見ると、5月までの平均額で

生活費は38,098余って、
事務所(私の事業)から119,237もらって、
会社(私の経営)へ29,706負担してやって、
商事(旦那の事業)から97,842もらって、

返済原資が225,471
元金返済が613,275
利息支払額が289,110

で、足りないから
追加借入額が559,711

と、こういう結果でばっちしわかってはいるんですが・・・・

この表って生活費の予算のための分類なんですよ。
だからこの表を見たって、外部からの収入がいくらあるのかわかりません。
私の会社から役員報酬を出していますので、その金額が生活費の収入の一部になっています。
 ↑これは内部で動いている分
旦那には、その他の給与収入もあります。

これで、ともかく生活費を予算内に抑えて(去年は旦那の治療費ですごく膨らんでいたので)、生活費の中からも返済に廻せるお金を作り出そうとしていたわけです。


ところが、債務整理という側面からみると、
これじゃ役に立たないんですよね。

私の稼ぎがいくらあって、必要経費がいくらあって、いくら残る。
旦那の稼ぎがいくらあって、必要経費がいくらあって、いくら残る。
で、生活費にいくら必要だから、返済にはいくら廻せる。

そういう計算しないと。
2人分を別々に計算しないと、どの債務整理の方法が適しているのかもわかりませんし。

ということで、計算やり直し中です。

PS
で、ねえ、
13年の生活費 26万円
18年の生活費 52万円
倍よ、倍!
大至急 検討!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://whitepen.blog37.fc2.com/tb.php/23-c6320e99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。