上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ch見てからどうも落ち込んでいました。
最初に目に入ったのが、
一緒になんぞ住まない。なるべく遠隔地が好ましい。(当たり前だが見捨てる)
でしたから。

家族って助け合わなくてはいけないんでしょ。

多重債務の原因となった家族とは別居し、金は何があっても渡さないこと。

じゃあ、うちは、お互い別居ね。

多重債務者に金を渡す、代わりに支払うなどといった行為をやめる。
(多重債務者はたとえ血族であってもあなたを「金づる」としか見ていない)


じゃあ、舅や姑もあたしたちのことこんな風に見ていたんだろうか・・・・・


まあね、病気なんかは別としてと書いてあるところもあったし、
入院費用なんてどの家庭でも必要でしょなんてのもあったけどね。

まあ、この3日間ほど過去ログを読んでいたんですが、たいがい体調悪くなりました。

だったら、読まなきゃいいのにねえ(笑)と思いながら。

読める分は、ほぼ読んでしまいました。

民法も確かめました。
(親族間の扶け合い)第730条 直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。

ほら~、やっぱり扶け合わなくっちゃじゃない!
と思っていたらちょっと違っていたんですね。
扶け合わなくてはいけないのは「生活」に関してであって、「借金返済」に関してではない、って。

で、納得。

(婚姻費用の分担)第760条 夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

これって、あたしのほうが収入が多いのなら、あたしのほうが多く負担しても仕方がないってことなのかな。
まあ、無理矢理納得できないこともないけど。
じゃあ、なんであたしのほうが多いからって嫌味言われなきゃなのよ!という疑問は残るけど。

扶養的慰謝料
夫婦のどちらかに生活能力がない場合には、離婚することによってすぐに生活苦に陥ってしまうことも考えられます。このような場合には、生活力のある配偶者が離婚の責任がなくても、生活力のない配偶者に扶養的な意味を含めた一時金が支払われることがあります。(扶養的財産分与)


これだけは、絶対に納得いかない!

だって、そうでしょ。もし、離婚するとしたら、離婚原因は旦那の借金なんだから。

今まで『飲む、打つ、買う』プラス『投げる・蹴る・引きずり回す・破り捨てる』のDV・モラハラ夫だった上に、収入は使い込むし、マイナスのときもあったのに。
生活力のない配偶者だっていうことがそもそも気に食わないのよ。
今は家事もやってくれてるけど、昔は一切しなかったじゃない。
あたしは、生活するために一生懸命残業して給料を増やし、子育ても家事も資格取得の為の勉強もやってきた。
だのに、やっと6年がかりで資格をとって開業して、あたしのほうが収入が多くなったら、気に食わないって嫌味言われて、殴られて。
そのうえ、旦那の尻拭いをして、仕事の赤字の穴埋めをしてやって。
生活費を負担しているのはあたしなのに。
それなのに、内緒で借金作った旦那と別れるときに、まだお金を払えって?

冗談じゃないわよ!!!!!

あ、仮定の話です、そうなったときの話です(笑)


まあ今はね、暴力も(ほぼ)無くなったし、今度の退院後は、炊事掃除洗濯は旦那がしてくれてるし、あとは、金銭感覚、経済観念だけなんだけどなあ。

旦那は、自分が『夫の鏡』だと言ってます。
「そうよねえ、昔と比べたら全然ちがうものねえ(は~と)」


でも、
今日午前中、旦那が家にいると(車検がまだ仕上がっていないので、でもって、私も自宅療養中)すご~~く落ち着かない気分でした。
ストレスの計測器をつけていたら、針は振り切っただろうに、というぐらい。
「たばこ、買いに行って来る(パチンコ屋へ)」
と言われて、ほっとしました。。。。。

そんなので、ほっとするあたしもなんだけど、
35年も一緒にいたら、黙っていても(パチンコ屋へ)というのが分かってしまうあたしもなんだかなあと苦笑いでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://whitepen.blog37.fc2.com/tb.php/131-35c91ba1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。