上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日で運がよくなる「そうじ力」 3日で運がよくなる「そうじ力」
舛田 光洋 (2006/09)
三笠書房

この商品の詳細を見る


退院した日に買ってきました。
たった3日でいいんですって。

ほんとかな~~

まず、目次を流し読み。

第4章にこんなのがありました。
 人生で"最大の荷物"を捨てたら、思いがけないハッピーが!

え、"最大の荷物"って、なんだろ?
いま、あたしが捨てたいのと一緒かな?

そのページを見たら、やっぱり、一緒!

この本で紹介されているN子さん。
長年おつきあいしている彼がいるのですが、とても頼りなく、結婚する意思も見られなかったそうです。
で、N子さんは「彼との思い出のもの」を捨て始め、3日後には、彼に別れを告げた(N子さん曰く、いちばん"大きな荷物"を捨てた)そうです。


ふ~ん。あたしだって捨てたいよ~~~

後日談があって、驚いた彼は心を入れ替えて、いい形でよりが戻り幸せになったそうです。

そうですか。よかったですね。(ちょっと僻み入ってる?)



あたしは捨てれるんだろか?

猛反対が来るだろな。息子と娘から。


私が入院したことをきっかけに、それぞれが、『もし、おかあさんがいなくなったら』ということをちょびっと真剣に考えたみたいです。

『もし、おかあさんがいなくなったら』というフレーズは、今までもたびたび口にしてきたんですよね。特に旦那に向かって。

私にもしものことがあれば、残された旦那はどうやって生きていくんでしょう。

うちの旦那さま、家事能力が、ぜ~~んぜん、ありませんでした。

ちょっくら、仕込まなくちゃと、『もし、おかあさんがいなくなったら、どうするの』と言うわけです。

『死んだら』という言葉は好きじゃないので『いなくなったら』という言葉を使っていたのですが。

すると、旦那は、「男できたんか!出て行くんか!」

違うでしょ!!!



この前、娘と話したときにも、
『もし、おかあさんがいなくなったら』
経済能力も家事能力もないおとうさんがひとりで生きていけるわけがないし、かといって、面倒みるのはいや!

ですって。

「だからね、この前の家族会議のとき、絶対に離婚させるな!って、おにいちゃんと話してたのよ」

あ、そうですか、そうだったんですか。


ま、ね、本気で離婚するつもりじゃなかったし。
おとうさんの意識改革を目的としていたんですけどね。


休みの日に昼寝から目覚めて家に誰もいなかったら、機嫌が悪くなるという3歳児並だった旦那の生活能力は、自分の食い扶持を稼いでくるのは無理だけど、家事は掃除機が掛けれて、洗濯機でできる洗濯ならできるようになりました。

洗濯が私の仕事だったころ、「なぜ、毎日洗濯をしないのか」って怒ってましたよ。
洗濯は洗濯機がするから、すごく簡単なんですって。

でも、今は違いますよ(笑)

くつしたは裏返しのままにするな!
ショーツとパンストはいっしょくたにしておくな!
ポケットはからっぽにしておけ!
乾燥機に入れられないものは別にしておけ!
洗濯は洗濯機に突っ込んで終わりと違うぞ~
洗濯機に入れるときに気を使うし、
乾燥機に入れっぱなしにしておいたらいかんのもあるし、
乾燥機が止まったらすぐにたたまんと、しわくちゃになって着られんようになるのもあるぞ~
洗濯ってたいへんなんやから・・・・・

おとうさん、お疲れさま。
洗濯の苦労を分かってくれてありがとう。
これからもよろしくね(はーと)



旦那がモラ夫と分かってから、捨てたい気持ちは十分、いえ十二分にあるんですけど、、、、、

今までかかって、しつけ(笑)もしてきたし、だんだん改善されてきてるし、、、、、

今はもう、真正モラじゃないし、、、、、


捨てるの可哀想かな~~



う~~ん、なんといっても、モラ夫だと気づいたことがいちばん大きいかな~~

振り回されずに済む。


"大きな荷物"なんだけどなあ。



PS
3日で運がよくなる「そうじ力」は、『換気』のみ実践しています。
なんといっても自宅療養中ですから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://whitepen.blog37.fc2.com/tb.php/112-b3de9a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。