上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらあ~
しばらく見ないうちに広告が表示されてしまっていますね。
あんまりかっこいいもんでもないなあ。

ということで近況報告。

引き続き別居中です。
娘が結婚するというので、来年の結婚式が終わるまでは緑の紙はお預けにするつもりです。

債務整理は、司法書士さんにおまかせで、夏以降連絡もないし、こちらからも連絡していないです。
裁判になったときのために委任状も書いたのですが、どうなっているんでしょ?
返済をストップしてからの延滞利息は払わなくもいいと言われているので、いたってのんびりしています。

鬱はよくなりました。
旦那と接触しなくなったせいみたいです。



旦那の自殺未遂の翌々日、旦那と私と息子とで心療科に行きました。
が、旦那自身が前向きに生きていこうとしない限り、医療が手助けできることはないと言われました。
『他人と過去の自分を変えることはできない。
変えることができるのは、現在の自分と未来の自分のみ』

あたしにできることは、現在のあたしと未来のあたしを変えることだけ。
旦那を変えることなんてできない。。。。。。。

でも、
じゃあ、
あたしは、
どうしたらいいの?

心療科に行ったその日、シェルターを求めて電話相談をしました。



とんでもないこと―その1をまだ書いていなかったですね。

旦那、借金してたんです。新たに。
(ただ、私の耳に入ったときはその返済は終わっていましたが)
なので、約束違反なので、旦那の分の借金は肩代わりしないと言ったら、切れられました。
息子と娘がいたので、私に対する暴力は空振りに終わりましたが、事務所の電話子機を投げつけ、鉢植えも投げつけ、シュレッダーを蹴倒して、フローリングにも傷つけてしまいました。
包丁を持ち出そうとしたのを息子が必死で止めました。

自殺未遂騒ぎを起こしたのはそれから1週間後。
病院で目覚めて私を睨みつける旦那の目は、怒り恨みでいっぱいでした。
憎しみがこもっていました。

尋常ではない旦那の目つきに身の危険を感じました。
このままだったら殺されてしまうかも。
あたしはもうこの世に未練なんてないけど、
殺されたってどうってことないけど、
けど、
子供達を、殺人犯の子供にするわけにはいかない。
あたしは殺されるわけにはいかない。
どうやって逃げるんだ?


心療科で入院措置をしてくれるならという期待は打ち砕かれ、一触即発の旦那と、別居とはいえ、同じ敷地内に隣同士で暮らすなんて・・・
いつ事務所に乗り込んで来るかもわからない・・・
怖い・・・

あたしが家から出て、見知らぬ土地に行って、住民票からも戸籍からも辿れないようにしても、
あたしは仕事をするためには、士会に所属して、看板揚げて、電話帳に登録しないといけない。
シェルターは、あたしにとって役立たない。
それでも、ここを乗り切る方法を考えなくっちゃ。
何か方法があるはず。

DV対策の電話相談窓口を見つけ、電話してみました。
週1回の相談曜日で受付時間17時までの10分前でした。
それから2時間あまり、いろいろと相談し、やっと心の平静を取り戻すことができました。


久しぶりに書いたらすごく長くなってしまいました。
電話相談ですっきりして、今も隣居別居しています。
相談内容は次回にでも。
えっとひょっとしたら、次回は来年になるかもしれません。

皆様よいお年をお迎えくださいませ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。