上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり、私って共依存ですよねえ。

でもね、
ハカリに掛けたらどっちがどうなのかなあって、煮え切らなくって。

先週、カウンセリングを受けてきました。
でね、ハカリの話もしてきました。

もしも400万円程を援助しなければ・・・・・旦那の再出発は経済的に破綻する。
もう借金はしないと約束しているけど、いえ約束しているからこそ、
400万円の返済原資が旦那一人では、どこからも出てこない。
自己破産すれば、出資金も売掛金も無くなってしまって、翌月からの生活費にも事欠く始末。
個人再生も収入不足で無理っぽいと言われたし。

援助したいか、したくないかと問われれば、間違いなく『したくない!』なんですよね。
でも、援助すれば(私の)心の平安があるんですよ。

私は、酷い(非道い)人間じゃないって。
生活できない人を追い出すような人間じゃないって。
そんなポーズをしてるんですよ。
誰に対するポーズかというと、それは自分自身に対するポーズ。
一生懸命、あたしはそんな非道い人間じゃないってあたし自身に訴えてるの。

ハカリの片方には、400万円。
もう片方には、心の平安。


そして、この援助には条件があります。
旦那が【収入の範囲内で生活して、よそから借りてこないこと】
この条件が破られたなら、即援助は打ち切りです。

だから、私が負担する旦那の借金が増えるなんてことは絶対にないのです。
もう二度と一緒に生活をすることはないし、私は坦々と返済していくだけ。
家族だったときの借金だし、ま、しかたないかってとこ。
返済の目処がつけば、離婚届も出して、返済が終われば私には本当に爽やかな暮らしが待っている。

もう自転車も漕がなくていいし、ゆっくり歩きながら人生を謳歌したい・・・・・
スポンサーサイト
2007.09.09 迷っています
別居して1ヶ月が過ぎました。
なかなかに快適です。
鬱病で心療内科に通っていたのですが、先月で終わりになりました。

何よりも一番変わったことは、お金が充分廻るようになったこと。

旦那には、月に3万円を貸すだけ。それ以上は出さない。
と決めたら、私の資金繰りはとっても楽です。
例えば、車の車検。
前回までは、12回ローンを組んでいました。諸費用も含めて。
今回は、諸費用も車検代もキャッシュ払い。
嬉しいニコニコ現金払いを実践しています。


で、先月、旦那に離婚届を出すと言ったら、自己破産すると言い出しました。
自分は家を出て行って一からやり直すのだから、私にも家は残してやらないんですって。
旦那が自己破産したら、家が無くなるのを承知で言ってるのよねえ。嫌な奴。

でまあ、離婚するなら旦那とは他人になるんだし、他人が自己破産するというのを止めるわけにもいかないだろうし、私は私の家を守る手立てをしながら、司法書士さんに旦那の自己破産の意向を連絡しました。

旦那を交えて、司法書士さんとの話し合いの中で、自己破産のメリットはないし(債務額が約400万円で財産が約300万円)、個人再生は無理だろうし(離婚すると旦那一人の収入では少なくて、再生計画が成り立たないらしい)、離婚を延期することになりました。
延期です!

旦那の収支のバランスは、私が3万円を貸してちょうど成り立っているところ、借金返済せずに。
なので、返済原資はゼロなわけで、どう考えたって返せるわけなんかなく・・・
私、言っちゃったんですよねえ。
「主人の借金は私が払います。ただし条件付で」

なんでそんなこと言っちゃったんだろなあ。
400万円て大金なのに。
あたし、返せるのかしら。
返さずに済むのなら、あたしはそのほうがず~~~~っと楽なのになあ。
けど、離婚してからあと、あたしが心置きなく暮らすには、旦那の安定した生活環境を整えて置くのがベターなんだものなあ。
これって共依存なのかしら。
旦那のためには、どっちがいいのかしら。
原則は、自分のことは自分で解決しろって突き放すのがいいのだそうだけど。
あ~あ、ここまで来て、『旦那のためには?』って考えるあたしって何なんだろ???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。