上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.30 ちいさな幸せ
ご無沙汰しておりました。

レコード大賞見ながら書いています。

過去のレコード大賞受賞曲を聞きながら、涙なみだです。

あの頃この頃思い出されて。

こんな夜は旦那と二人で、「この歌よかったよね」とか話したいのに、
旦那は飲み会で、今夜は一人です。



今年もいろいろなことがありました。

あと一日で新たな年を迎える今、感慨深いものがあります。

弁護士さんには解約を申し入れました。

その後、司法書士さんに依頼しました。

旦那は、その司法書士さんのことを、イタク気に入ってしまったようです。

新年と共に、我が家の債務整理も新しい局面を迎えそうです。




私自身の体調ははかばかしくなく、昨日29日まで、顧問先との打ち合わせ、銀行の用事を済ませて、あっと、29日は今年最後のごみ捨て日でもありました。

で、今日30日はダウンでした。
大掃除なんて、とんでもありません。
ほぼ一日布団の中。
帰省した息子に、
「こんなにゆっくりしていられるのは、おとうさんのおかげよね」
旦那は文句も言わず、家事をしてくれています。



弁護士事務所の不当な対応に対しても、旦那が慰謝料を請求して、円満解決と言う形になりました。

旦那が、自分には一切言うなと言っていたので、私は、自分で対処しようとして、いろいろ思い煩っていたのですが、旦那に言ったとたん(司法書士さんに言ったときに旦那が聞いていたので)、旦那がさっさと動き出して対処してくれました。

今の旦那は『弁護士に勝った』と鼻高々です(笑)




旦那に「自分には一切言うな」といわれたときには、ものすごくショックで、『いつ人生の終わりが来てもいい』を通り越して、『いま人生を終わりにしたい』という気持ちでいっぱいでした。

いまは、とても穏やかな気持ちです。
夫婦二人で力を合わせて生きていけることは幸せなことだと感じています。




今、テレビからは『秋桜』の曲が流れています。

明日嫁ぐ私に
苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと笑った


苦労が笑い話に変わるような暮らしをこれからもしていきたい・・・・・・
二人で。




スポンサーサイト
2006.12.18 迷路
先週のことになりますが、依頼している弁護士事務所に経過を聞いてみたところ、とんでもないことになっていました。
詳しく聞こうとしたら、事務員さんが、「弁護士のほうから電話させます」と言われて、その後音沙汰なしです。

内容については省略しますが、とても凹んでしまいました。
解約する方向で動いています。

で、別の司法書士事務所に行ってきました。
以前相談に乗ってもらったことのあるところです。

いろいろとお話を聞いていただいて、改めて思ったことなんですが、
うちの案件複雑すぎます。
それと、あとひとつ気づいたことは、
この司法書士さんに最初からお話していれば、
弁護士なんてプロのくせしてなんて頼りないんだろう、なんて思わなかったかななんて。

要するに、私が納得できる弁護士に今まで出会えていなかったということなんでしょうけど。



今、決定すべきことをいっぱい抱えています。
旦那の事業のこと。
私の会社のこと。
娘が(自活するため)家を出て行くこと。
息子が(会社を辞めて)帰って来ること。
そして、この借金整理の方法と手段。

それぞれが、微妙に又ストレートにそれぞれと関わっています。

ひとつの案件を処理するために何か行動を起こすと、別の案件に悪影響を及ぼすとか・・・・・
法律はちゃんと守った上で、ギリギリのところでいかに捌くか、毎日毎日考えています。
まるで迷路のようです。
いろいろシミュレーションしながら、この方法だとどうだろうと進めて行って、行き詰ったらまた戻るということを繰り返しています。

その試行錯誤の中で、旦那に意見を求めてみました。

その結果は

「自分には一切言うな!」

でした・・・

「仕事で疲れて帰って来ているのに、家でいろいろと言われたくない」
「あんたの好きなようにしていい。あんたのやり易い方法でしていい」
「いちいち言うな!黙っとけ!」
「うるさい!」


旦那の仕事のことですら、
「わしゃ、今日は機嫌悪いんじゃ」
で終わりです。

申告と登記と申請
年内に方針を決めないといけないのに。

旦那がしようとしていることは、実費が20万円ぐらい必要です。
手続をプロに依頼するなら報酬を30万円ぐらい払わないといけません。
だから手続を私がしようとしているのに(方針を決めてくれない)。


のにがいけないのかなあ。

あたしがこれだけ一生懸命やっているのに あんたは・・・
って聞こえちゃうのかなあ。



今日お会いした司法書士さんには、シミュレーションした中での問題点をアドバイスしてもらいました。
ただ、案件が複雑で、時間が足りず、次回に持ち越しということになりました。
「まだ、話し足りないでしょ」とおっしゃられて・・・

明後日、2回目の面談です。
仕事が込み合っていたのと、体調不良が重なって更新できていませんでした
m(__)m

今から先は忙しくなります。
ので、いつまでもだらだらしていられないと、仕事を始めたら、、、、またダウンしてしまいました。

この先どうなるんだろうと不安です。




ところで、11月までの家計簿がやっと追いつきました。
旦那のほうは、ほぼ12月までの予想金額が出ています。
私のほうは、12月が終わってみないとわからない・・・・・

で、旦那が家計に入れてくれた金額の今年の平均は、なんと

¥75,934

去年の平均覚えています?

去年は約4万円

増えたね♪よかったね♪ と思ったあなた!

違いますよ!

去年はダンプのローンを約8万円払っていたので、4万円。
今年はダンプのローンが終わったので、去年と同じレベルなら12万円は入れられたはず。

減ってる 

もうっ、いったいどう考えればいいんだろ・・・




ちょっと意地悪な気持ちで、生活費を集計し直してみました。
もしも、旦那がいなくなったら、どのくらい減るのかなあと思って。

その結果は、
旦那専用(焼酎・小遣い・朝昼弁当代・衣服費・医療費・生命保険etc)10万円弱
私専用(酒ビール・本代・衣服費・医療費・生命保険etc)10万円強
共通(晩弁当代・消耗品・光熱費・住宅ローンetc)10万円強

私のほうが生命保険料が多い分だけ、旦那よりも多くなったみたいです。
まあ、大雑把に二人で15万円ずつってとこですね。



でね、債務整理するにあたって、旦那の収入8万円弱で、生活費が15万円必要って、、、、、

そんなの通るの?






ねえ、それにしてもね、もし、旦那と私が逆だったら・・・・・

私が、(男で)夫で所帯主で、そこそこ稼いでて、
旦那が、(女で)妻だったら、、、、収入約8万円でもいい?



一般的に妻は、専業主婦で、収入なしでも肩身の狭い思いをすることはないのよねえ。

夫だったら???



旦那に、
「ねえ、今年のあんたの稼ぎ、平均したら8万円しかなかったわよ」
という私は間違ってるんだろか・・・




去年4万円しかなかったときよりも、今年のほうがまだショックが大きいなあ・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。