上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.27 混沌
旦那は、今日は魚釣りに出かけました。
後輩から誘われて、お金がないからと断ったんですが、えさ代の800円ぐらい出してやるからおいでと言われてました。
私、その電話を横で聞いてたんですけどね、なんか釈然としません。

この前、お弁当を作れなかった日、後輩にお弁当代をタカッタ出してもらったそうです。
私が渡した千円は旦那のお小遣いになったようです。

なんか、ちがうんじゃあ・・・

あ、この話、長くなりそうです。
息子も娘もからんできます。
昨日は、悲しくて、情けなくて、お風呂で大泣きしてしまいました。
まだ、顔がはれぼったいです。
旦那は、その私の顔を見ても気づかない・・・

別の記事にします。


================

えっと、この続きです。

その前に

『だから、私はもう、舅姑はじめ旦那の親族のことを、あれこれ思い悩むのはやめます。

 私は、私と私の家族の穏やかな生活を目指します。』


と、書いたのが8月16日でした。

その翌日ですよ、旦那が息子から1万円を借りてパチンコに行ったのは。

その時から、私の中でもやもやがくすぶり続けています。


でもって、問題点がどこにあるのか、自分でもきちんと掴めていなくって・・・・・悶々としています。

このブログに書けば見えてくるのかしら?
このつらい気持ちを昇華できるのかしら?

という期待を抱いて書いてみます。

ただ、私の頭の中、支離滅裂です。
話があっちこっち飛ぶかもしれません。




まず、$Ⅰ

『パチンコに行くこと』自体は反対していません。

自分の小遣いの範囲内で遊ぶなら別にいいと思っています。
それなら『趣味』の範囲だから。

でも、借りてまで行くというのはどうなんでしょう。

小遣いの前貸し?

今までも前貸ししてたことはありますけど――
今度からは、違うでしょ。
どこからも借りられないのだから、手許のお金だけでやっていかなきゃなんでしょ。
いくら身内からだからといって、借りたお金でギャンブルしていいわけ?

旦那の意識は変わってないのかしら?
覚悟は出来てないのかしら?




$Ⅱ

うちの親孝行な息子、ホントに親孝行です。

でも、方向間違ってない?


以下、息子と。

「ねえ、おとうさんに1万円貸したの?」

「うん、おとうさん、(仕事ができなくて)家にずっといて退屈してて、かわいそうだったから」

「けどね、おとうさん、1万円全部すっちゃったわよ。
 捨て銭と思わないの。もったいないよ。
 貸したのが、あんただから、あんたには文句言わないと思うけど、もし、おかあさんが貸してたらね、1万円しか貸さないから勝てなかったって言うのよ。2万円貸しておけば勝てたのにって。
 負けたのは、おかあさんが2万円貸さなかったせいだって言うのよ」


「けどね、おとうさんね、小遣い2万円じゃ足りないって言ってたよ」

なぬ、生活費4万円しか入れてないくせして、2万円じゃ足りんだと!
どういう意味かい!

「だったらね、もっと小遣いもらえるように、稼いでくればいいじゃない」

「おとうさんは、無理よ」

なんで?!
なんで無理なの?

「ダンプの仕事は儲からないじゃない」

「うん、確かにね」

「今さら、おとうさんに他の仕事しろって言っても無理でしょうが」

「じゃあ、どうするのよ」

「家族でどうにかせんと」

じゃあ、あんたが入れてる生活費をUPしてくれるの?
おとうさんの不足分を、おかあさんだけじゃなく、あんたと妹も負担してくれるの?


 

ねえ、なんで、おとうさんを一人の人間として見ようとしないの?
当たり前な人間として扱おうとしないの?
なんで、おとうさんは稼がなくてもいい人間になっちゃうわけ?

おとうさんが、家族におんぶに抱っこなら、おとうさんの人間としての尊厳はどうなるわけ?

スポンサーサイト
こんどはネットに繋がらなくなりました。
もうちょい正確に言うと社内ランケーブルが、どっかで切れてるらしいです。
『ネットワークケーブルがつながっていません』というメッセージがでています。

メインで接続している事務所のパソコン、私用じゃない私が使って普段使っていないのは繋がりました。
あとはぜ~んぶだめ。。。。。

で、おうちのパソコンで、メモ帳に下書きしてたのですけど、気が乗らないですねえ。
2~3行書いて止めました。

事務所に来て、物理的な接続をいろいろ確かめているうちに、ふと気づきました。
メインのパソコンのケーブルを抜いて、私用の私のパソコンに接続する・・・・

はい、OKでした。
で、今書いています。

おうちのパソコンは、ケーブルが届かないので、だめです。


ここんとこ、パソコンのエラーが多くて困っています。
先週、おうちのパソコンをリカバリしたし。
昨日は、事務所の私用の私のパソコンにソフトをインストールしようとしたら、今までにないエラーが出るし。
やっと、修復ソフトをダウンロードして、ソフトが使えるようになったら、今度はランケーブル不調で、印刷できないし。

明日の月曜日に印鑑をもらいに行くので、今日中に印刷しておこうと思ったのに。
今日は仕事するなってことなのかしらね。
まあ、プリンターケーブルを、私用の私のパソコンに直接繋げば印刷できないこともない。
明日の朝一で治るとは限らないんだから、今日しておくほうがいいんでしょうね。


旦那は、今日は魚釣りに出かけました。
後輩から誘われて、お金がないからと断ったんですが、えさ代の800円ぐらい出してやるからおいでと言われてました。
私、その電話を横で聞いてたんですけどね、なんか釈然としません。

この前、お弁当を作れなかった日、後輩にお弁当代をタカッタ出してもらったそうです。
私が渡した千円は旦那のお小遣いになったようです。

なんか、ちがうんじゃあ・・・

あ、この話、長くなりそうです。
息子も娘もからんできます。
昨日は、悲しくて、情けなくて、お風呂で大泣きしてしまいました。
まだ、顔がはれぼったいです。
旦那は、その私の顔を見ても気づかない・・・

別の記事にします。



PS
『私用(わたしよう)』を『私の』に訂正しました。
読み返してみたら『私用(しよう)』に読めるんですもの。
事務所内で『私用(しよう)』だなんて可笑しいわ(笑)
ちなみに、おうちのパソコンも『私用(しよう)』ではなく、お仕事で使う『私用(わたしよう)』です♪
う~~ん、『私用(しよう)』にも使ってますけど!
だいたいが!

って、いきなり、そう始まっても、読者の皆様には分るわけもなく・・・

え~、で、
だいたいが、
私の欝は治ったわけではなく、

途中でカウンセリング拒否をしました。。。。o O

あの、障害者自立支援法って、とんでもない代物ですよ。

私も、とばっちり受けて、今年は申請しませんでした。
なぜって、申請窓口が役場になったんですよ。
役場に申請したら、ばれちゃうじゃないですか。
「あの人、なんとか士さんのくせして精神病なんですって」
てなことを、この田舎では言われかねないんです。

だから去年までは5%でよかった診療費を、今年からは3割払うことになりました。

で、債務整理をすることになったときに、その診療費を節約するために、カウンセリングを止めることにしたんですよ。
その前から、カウンセリングと診察だけで、お薬はもらってなかったので、カウンセリングも診察も止めても差し支えないだろうとの自己判断です。
止めるときに、カウンセラーに今までのお礼を言ったら、くれぐれもがんばり過ぎないようにとアドバイスをもらいました。


ところが、がんばり過ぎてたみたいですね。

体調不良は、いつも、
『○○、したくない~~~』で始まります。

私本人も、『わがまま』もしくは『さぼり』だとしか思えないんですね。
しばらくたって、『あ、これ、普通じゃないわ。病気だわ』

にぶいのか、デリケートなのかわかりませんです(笑)


そんなことで、今回気づいたときも、『ご飯作りたくない』だけじゃなく、『仕事したくない』まで進んでしまっていました。

私にとって、『ご飯を作らない』のは許せる範囲内なんですけれども、『仕事したくない』は許せません。
我が家の死活問題なのです。
旦那を頼れない私にとって、最重要問題なのです。

なので、『仕事ができる』程度に身体も精神もゆるゆるにしておいてあげないと。

食費4万円↓は、きつきつすぎました。

旦那のお昼弁当代も含めては無理だったみたい。


そして毎日、 これ を見るたびに、精神が追い詰められ・・・・・

赤字が延々と続いて、しかも赤字の金額が大きくなっていってる・・・・・
たしかに、赤字を出さないための表なんだけど、この表を見ると私は・・・・・



味の素が切れてるんです。
味の素を入れない卵焼きはおいしくありません。

今月、まだ1回も牛乳買ってません。

焼肉のたれが特価で出ていたのに、買えませんでした。
次に買うときはいつもの値段です。

今月、まだ1回も果物買っていません。

お米が残り少なくなってきました。
今月まだ1週間以上あるのに・・・・・
10キロ買ったら、完全に予算オーバーだし、
5キロなら割高だし・・・・・


ねえ、さくらちゃん、
ふつうにご飯食べようよ。
ふつうに買い物しようよ。
無駄遣いしてるわけじゃないんだから。
いま、わかってよかったのよ。
だってね、食費を絞ろうと思ったのは、返済に廻せるお金を多くしたかったからでしょ。
任意整理に持っていきたかったからでしょ。
個人再生になるのか、任意整理になるのか、まだわからないけど、無理な計画は破綻するよ。
方針が決まる前に、『食費4万円↓』は無理!ってわかってよかったじゃない。


と、まあ
私は、自分を甘やかすことにしました♪
今日のお買い物
1P166
ウインナー1袋298
牛乳1000cc
168
さばみりん2枚208
紅生姜1袋105
お弁当2個1340
今日の支出合計2,285
今日の割当 (1日1,935)8,549
今日迄の予算残6,264
今月の累計38,241
予算残高21,759
あと 8 日2,719
今日のご飯
お弁当

無理をしないと決めたので、今日もお弁当。

無理をするのは、旦那の分のお弁当作り。
朝4時半起きはたいがいつらいです。

旦那もそうとうばててるみたい。
1日、14時間ぐらい運転しっぱなし。
止まってお弁当を食べる時間すらないというので、お弁当の中身は手掴みで食べれるものばかりです。

私のお昼ごはんも、副食も摂るようにしました。
炭水化物ばかりに偏ると太るんですって。

私の睡眠時間は、もともと不規則だったのですが、ここんとこの旦那のお弁当作りで、不規則に拍車がかかっています。

さて、ちょっと早いけど、今からお弁当を作ります。
それからもう一度寝ます。

ではおやすみなさいませ。
(やっと追いついた(笑))


今日のお買い物
なし  
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,935)6,614
今日迄の予算残6,614
今月の累計35,956
予算残高24,044
あと 8 日3,005
今日のご飯
秋刀魚のねぎソース
ポテトサラダ

昨日で、食費4万円↓生活とおさらばしました。
(心境の変化は別に書きますね)
そうしたら、ご飯を作る気が少し戻ってきたので、さんま!
18日に買ったのが1尾残っていたので。
 ↑
 旦那には内緒(笑)

息子の分も買っていたのですが、息子は友達との飲み会で食べなかったので、余った分をこともあろうに旦那は、「ワンコにやる」と。
とんでもございません、もったいなくって。
翌日(19日)に食べるつもりが、今日(22日)になってもまだ冷蔵庫の中に。

塩さんまなんですよ。
塩焼きにしたら、18日のさんまってばれちゃうじゃないですか。
でもって、1尾しかない・・・・・

3枚におろして、1枚を4つに切り分け、塩抜きして、ソテーしてねぎソースをぶっかけました。

ばれずに、おいしくいただきました。
もしものときのブーイングをやわらげるために、我が家特製ポテトサラダも多めに作っておきました。
それも完食!

ごちそうさまでした。
今日のお買い物
1P188
ウインナー1袋298
焼き海苔10枚198
梅干1P313
鮭ふりかけ1P105
オイスターソース1本198
お菓子1袋110
お弁当2個560
にごり酒1本1,365
今日の支出合計3,335
今日の割当 (1日1,290)-5,531
今日迄の予算残-8,866
今月の累計35,956
予算残高4,044
あと 10 日404
今日のご飯
お弁当

緊張の糸が切れました。
もう、ご飯作れそうにもありません。
けど、旦那はお仕事に5時出発です。
お弁当を買う時間がとれないそうです。
だから、4時半過ぎに起きてお弁当作りました。

私のお昼ご飯を、おにぎりだけで済ませていたら、夕方になっておなかがすいて、お菓子を買ってしまいました。

ストレス溜まりまくり!
にごり酒でストレス発散!
というか、やけくそ・・・・・
今日のお買い物
焼きそば1P148
てんかす1P105
お好みソース1本258
ウスターソース1本128
旦那へお弁当代 1,000
回転寿司(外食) 2,480
今日の支出合計4,119
今日の割当 (1日1,290)-2,702
今日迄の予算残-6,821
今月の累計32,621
予算残高7,379
あと 11 日670
今日のご飯
回転寿司(外食)

息子の休暇が終わり、駅まで送っていった帰りに外食。
今まで行っていた回転寿司屋は1回で8千円ぐらいしてたので、今日は100円寿司に行きました。
味はたいして変わりませんでした。
旦那から100円寿司にしようと言ってくれたので、「やった!」でした。

けど、予算内に納まりそうにないです・・・・・
今日のお買い物
旦那お弁当代 1,000
   
   
今日の支出合計1,000
今日の割当 (1日1,290)-2,992
今日迄の予算残-3,992
今月の累計28,502
予算残高11,498
あと 12 日958
今日のご飯
秋刀魚の塩焼き
大根の味噌汁

体調不良でとうとうダウン。
旦那のお弁当作れませんでした。。。。。
今日のお買い物
お弁当2個1,170
パン1袋96
ロースハム3P298
塩さんま3尾270
1P98
今日の支出合計1,932
今日の割当 (1日1,290)-2,350
今日迄の予算残-4,282
今月の累計27,502
予算残高12,498
あと 13 日961
今日のご飯
お弁当

今日のお買い物
お弁当2個1,080
   
   
今日の支出合計1,080
今日の割当 (1日1,290)-2,560
今日迄の予算残-3,640
今月の累計25,570
予算残高14,430
あと 14 日1,030
今日のご飯
お弁当


今日のお買い物
アイスクリーム1箱248
ラーメン2個177
焼きそば1袋148
たくあん1袋105
牛薄切り1P398
キムチ1P313
塩さば1尾350
てんぷら1P155
白岳1本1,355
今日の支出合計3,249
今日の割当 (1日1,290)-601
今日迄の予算残-3,850
今月の累計24,490
予算残高15,510
あと 15 日1,034
今日のご飯
青椒肉絲
レタスサラダ

2006.08.22 リアル鬱です
あ~あ、鬱ゆり戻し時期に入ってしまいました。

先週ぐらいから
ご飯作りたくな~~い
なんて思ってたのですけど、無理してがんばってたら、

お仕事したくない病まで発展しました。

現在、登校拒否ならぬ出社拒否です。

で、この時間、おうちにいます(笑)

いや、笑い事じゃないんだけど



昨日の午前中のアポは先方から延期の連絡があったので、
嬉しかったです・・・・・

収入増やそうかとしてる時期に、こんなことしてたらだめなんですけどねえ、身体が動かない・・・・・

欝で借金返済にがんばっているご夫婦のHPを見つけました。
『ウリ坊ウリ子の鬱ニモマケズ借金ニモマケズ』
(今現在は更新されていないようですが)

鬱ニモマケズ借金ニモマケズって、うちみたい。

うちの旦那にはそこまでの覚悟はありませんけどね。

この前、仕事ができなかった平日に、借金1万円申し込まれて断ったら、
旦那は息子に借りて、スッテきやがったパチンコ屋に貯金してこられました。

「貯金・・・・って、引き出せる、の?」

「も、ちろん!」

あれ、あたしの鬱の原因ってこの辺かなあ?




さて、今からお化粧して、出社です。

がんば!
2006.08.21 体調不良
ちょっと体調崩してしまいました。
たいしたことはないんですが。

あれをしないといけない、これをしないといけない、
というのが心身に悪いので、ぐうたらしておきます(笑)

と、言いながら、
今日は、午前中も午後もお出かけの予定が・・・

きついです。

そうそう、今日は弁護士事務所にも行く予定です。
その話は後日に♪
ご無沙汰しておりました。

パソコンのスイッチをいれたら、
WINDOWSを起動できませんというメッセージが出て、
その後、回復するのに手間取っていました。

ようやく、使えるようになったところです。

今から、カット&カラーに行ってきます。
あとから、『食費4万円↓』のたまっている分をUPします♪
いよいよ、最終回です。
長らくお付き合いいただきありがとうございました。
初めての方、「ストレス」の「娘のエピソードその1の(1)」からお願いします♪

=========================

私は、舅に見捨てられたと感じていました。

それまでの舅は私にとってであり、姑はでした。
もう本当に困ってしまって、救いの手をに求めたのです。
けれども、それは無残にも拒絶されてしまいました。

私はつらくてつらくて、そのつらさに押しつぶされそうになっていました。
いえ、押しつぶされていたと言っても言い過ぎではないと思います。

そこから逃れるには、親のことなんて放っておくしかない。
親のことなんか何も考えないようにするしかない。
親との接触を絶つしかない。

けれども、頻繁に呼び出しが掛かります。
こちらの都合や時間などお構いなしに、です。
それを無視するなんてことは、不可能・・・・でした。

旦那は放っておけと言います。


けれども、年老いた親を無視することは私の良心が許しません。

けれども、無視しなければ私自身が壊れてしまいます。

けれども、無視していたら、私達が悪者になってしまうし。

けれども、悪者になるのを躊躇していたら、益々ひどくなるし。

けれども、


この延々と続く『けれども』を何とか断ち切らなければ、私は生きた屍になってしまうと思い、一大決心をしました。




それを娘に言いました。
(娘にも息子にも経緯はすべて話してあります)

「あのねえ、じいちゃんとばあちゃんのことなんだけど・・・
 今までうちで面倒見るって言ってたけどね、向こうがおとうさんやおかあさんを見捨てたんだから、こっちだって、もう面倒見なくていいと思うのよね。
 目には目を。歯には歯を。って言うじゃない」


「おかあさん、それ、駄目よ!」

「え・・・・・」

やっぱり、駄目か~、そりゃそうよねえ。なんて言ったって、あっちは親だもんねえ。

「おかあさん!
 目には目を。歯には歯を。だなんて・・・」


うん、やっぱ、そんな過激なことは駄目なのか~


「そんな生ぬるいこと、駄目よ!」

え?

「あのね、そういうときは、倍返しでなきゃ駄目よ!」

「ば、倍返し?」

「当然よ。やられたらやり返さなくっちゃ!」

「う、うん・・・」



『倍返し』だなんてすごい!
『やり返す』だなんて、あたしの辞書の中にはなかった言葉だわ。
あたしの娘がこんなこと言うなんて。
この娘、ホントにあたしの娘かしら?
ああ、この娘、旦那の娘なんだわ(笑)



娘は、成長するにつれて、旦那とおんなじ考えになってきています(笑)

いいんだろうか?

てか、娘は、舅や姑の血も引いてるんだよねえ。

だいじょうぶなんだろうか?




あとで「家族という名の強制収容所」というサイトに出会い、この見捨てられたという感覚はそのとおりだったのだと思いました。

だから、私はもう、舅姑はじめ旦那の親族のことを、あれこれ思い悩むのはやめます。

(と、言っても、義弟5夫婦とは、保証人をまだ抜いてもらっていないし、今現在も、いろいろと問題が発生しているのですが)

私は、私と私の家族の穏やかな生活を目指します。



でも・・・
あたし・・・
子供の育て方・・・
間違ってなかった・・・よね?


2006.08.16 8月15日 餃子
今日のお買い物
なし  
   
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,290)-1,891
今日迄の予算残-1,891
今月の累計21,241
予算残高18,759
あと 16 日1,172
今日のご飯
手作り餃子
フレッシュサラダ

うちの餃子は、ちと変わっています。
焼く時に、ひっくり返しながら3面を焼き、水は入れません。
外はパリッパリ、中はジューシー、とってもおいしいです♪
今日のお買い物
なし  
   
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,290)-3,181
今日迄の予算残-3,181
今月の累計21,241
予算残高18,759
あと 17 日1,103
今日のご飯
冷しゃぶサラダ
豆腐ステーキ

帰省した息子は夏風邪で、39度9分の熱を出してしまいました。
朝一で旦那が病院まで乗せて行って、そのまま点滴に付き合っていました。

夕方になって、病院の旦那に電話を入れました。

「あのねえ、○○(息子)の具合はどう?」

「まだ、熱が下がらんよ。まだあと1本点滴があるんよ」

「じゃあ、食欲もないよね。今日は冷しゃぶか手作り餃子を考えてるんだけど、どっちがいいと思う?」

「あ、おとうさん、どっちだっていいよ」

「あのね、あんたじゃないの!○○はどっちがいいかって聞いてるんじゃないの!ちょっと聞いてきてよ!」

あとで息子にこの話をしたら、おとうさんらしいって言ってました(笑)
今15日は熱も下がってほっとしています。
こんばんは♪

娘のエピソードその1も、もう既に8回目に突入し、いいかげんうんざりしております(笑)
だって、違うの書けない・・・

今回で終わらせようとがんばって書いておりました。
が、
ほぼ書き終えて、読み直しておりましたら、、、、ぶっとびました。

えぇぇ~~ん、途中保存していませんでした。
エンターを押したら、あとかたもなく消えていました。

今からもう一度書きます(泣)


えっと、今回で、前振りが終わります。
長かったですねえ。

では、よろしくお付き合いくださいませ。


と、ここで1回保存(笑)

====================

その頃、旦那も、私も、娘も、うつ状態で、

消えてしまいたい

などと、3人で話す日がありました。


3人共がうつで、収入は減っていき、、、

でも、その中で私が一番ましだったので、
よし、私が牽引力となって、この状態から抜け出そう!
と、事業規模拡大の準備に取り掛かっているところでした。

月に約20万円位の増収を見込んでいました。

そのための研修会が、去年のお盆をはさんで4回ありましたが、
2回目の途中で、気分が悪くなり、座っていることもままならず、早退してしまいました。

その後の2回はとうとう出席できませんでした。

それからは、身体がきつくって、寝たり起きたりの生活を送っていました。
ご飯の支度をするのも大儀で、どうしようもないときは、出来合いのお弁当を買ってきて済ませたりもしていました。

この頃心療科のカウンセリングも受けていました。
晩ご飯を作るのは妻の務めという私に対して、カウンセラーは、妻の務めと決め付けなくても、作れるときに作ればいいとアドバイスをくれていたのですが・・・・・

8月の終わりごろ、きつくってしかたなかったのですが、前日に食材を買ってあったので、無理をおして晩ご飯の支度に取り掛かりました。

鮭のムニエルを作ろうとして、フライパンに鮭の切り身を入れたら、油が跳ねて顔に大火傷をしてしまいました。
フライパンの中に滑り込ませる体力がなくて、上から落としてしまったんです(泣)
すぐに氷で冷やして、その夜は大丈夫だったのですが、翌朝には皮が剥けて人前に出れる状態じゃありませんでした。
情けなくって、腹立たしくって・・・

そのあとは、9月も10月もほとんど寝たきりの生活が続きました。
いくら気力を奮い起こそうとしても、起き上がることすらできませんでした。

幸いなことに、私が寝ていても、事務所の職員があらかた仕事をしてくれていましたので、クライアントに迷惑は掛けずに済んでいました。

ただ、やはり収入は減ります。
収入UPを目論んだのに、収入DOWNです。

そればかりではなく、火傷のあとを治すために、それまで通っていたエステの無料エステを、有料エステに変更しました。
回数も月1から週1に。1回が15000円位・・・

支出UPです。
なんかもう、泣きたくって・・・


私の中では、これらのすべての原因は、舅、姑、義姉達・・・
客観的に見ると、違っているかも知れないけど、
私のうつがひどくなったことや、顔に火傷をしたこととの因果関係は立証できないかも知れないけれど、
私は、あの人達を怨む・・・怨・・・怨・・・



舅や姑とは心を通わせてると思っていたのに・・・・

同居時代はドラマに出てくるような嫁いびりもされましたけど。
けど、旦那との離婚の危機(今回のじゃなくて、以前の)を回避したとき、この旦那と一生添い遂げようと思ったとき、舅や姑がとても大切に思えて、ああ、この人達の為に尽くしていこうと思ったんです。
その気持ちが伝わったのか、私達とてもうまくいってたんですけどね。

今回の鬼嫁発言は意外でした。

布団の中で、結婚してからのこと、同居時代のこと、うまくいってた頃のこと、いっぱい思い出して。

あたしは、あんなに、いっしょうけんめい、がんばってきたのに、この、しうちは、なんなんだろ、って。

悔しくって悔しくって。

はらわたが煮えくりかえる思いをしておりました。

この頃の私のどこを切り取っても、怨みという感情が噴出してくるという状態で・・・



姑は100万円というお金を出してくれました。
そのことには本当に感謝しています。
けれども・・・
姑も一緒になって、鬼嫁発言をしていたのです。

感謝と怨みがごっちゃになって、
この『けれども・・・』という感情が私を苛みました。

私は、ずっと
人に迷惑を掛けてはいけない。
自分がされていやなことは人にはしてはいけない。
人の善意には善意で応える。
そう思って生きてきました。
子供達にもそう教えてきました。

姑にストレートに感謝と言う気持ちだけを持てないことに、自分に対する苛立ちを感じていました。
そして、舅その他に対する怨みの気持ちを自分の中に抱えていることは、私にとってものすごく大きなストレスでした。

人を怨みながら生きるということは、私の精神を蝕んでいきました。

負の感情ばかりを抱えて、私は布団の中で悶々とした日々を送っていました。

あの人達の言葉に傷ついてしまう自分が情けなくて堪りませんでした。


========================

やっと、前振りが終わりました。
長くてすみませんでした。

次回、いよいよ娘との会話です♪

今日のお買い物
牛薄切り2P(3P)880
合挽き1P-
えび1P397
青椒肉絲の素1箱168
サラダ油1本298
ムキイカ1P398
新生姜1P157
餃子の皮3袋216
セロリ2本158
大根1本180
長ねぎ1袋98
きゅうり5本158
ちくわ3本78
アイスクリーム2箱496
氷みつ1本208
納豆4P148
今日の支出合計4,038
今日の割当 (1日1,290)-433
今日迄の予算残-4,471
今月の累計21,241
予算残高18,759
あと 18 日1,042
今日のご飯
天麩羅
スティックサラダ

息子が帰省しました。
息子のリクエストで天麩羅とスティックサラダ

久しぶりに合計金額を気にせずお買い物しました。
息子用のアイスクリームを買ったついでに、旦那用の氷みつも。

今日のお買い物で、あと3日は食べたいです♪
結局のところ、舅も姑も義姉3も、
私がお金を持っているのに出し惜しんで、旦那に治療を受けさせない、副作用がきつくて苦しんでいる旦那を休ませずにお尻を引っぱたいて仕事に追いやる・・・・・
と、思っていたようです。

前に娘のエピソードその1の(1)で書いたこと――
なんか舅や姑の口ぶりでは、私がお金に執着して、旦那を仕事に追いやっているかのように聞こえていました。
「いやあね。じいちゃんとばあちゃんの話を聞いてたら、まるで、おかあさんがおとうさんを仕事に追いやってるかのように聞こえるのよ。まさかね」

この、『まさかね』は、まったくその通りでした。
『追いやってるかのように聞こえて』いたのではなく、追いやっていると思われていたわけです。

はあっ、私っておめでたいですね(笑)

自分達は、持っていても、持っていないと嘘をつくんだから、私がお金がないと言っても、嘘としか思えないんでしょうね。

こういう人達と付き合うのはごめん蒙りたいです。



そんな中で、姑は旦那の治療費のためにと、100万円を用意してくれました。
そして、返さなくてもいいと言ってくれました。
感謝です。

義弟5の取引先銀行(旦那が保証人になっている銀行でもありますが)からも、義弟5が保証人となって100万円を借りることができました。
感謝です。

その200万円で、去年の8月を乗り越えることができました。
旦那も治療を続けることができ、今年の3月に、無事48週の治療を終えることができました。
3ヵ月後の検査では、菌も復活していなくて、治療は成功したと言われました。
あと3ヶ月後の検査(9月)で、菌が復活していなければ、完治です。


もし、去年、そのお金がなければ、自己破産しか選択肢はありませんでした。任意整理や個人再生を選べるような状況ではなかったのです。
そして、自己破産をすると、旦那のダンプはローンが終わってなかったので引き上げられて、仕事はできなくなるし、私も仕事ができなくなって、二人共無収入、50歳を過ぎたおじさんおばさんを雇ってくれるところがあるのだろうか、その前に私達に働く体力が残っているのか・・・・
本当に自殺しか道はありませんでした。
姑と義弟5夫婦には本当に感謝しています。


ただ、それで無事に過ぎたわけではなく、私のとっての悪夢はまさに始まったばかりだったのです。



去年の8月2日
病院から帰るのを待ち構えるようにして、義姉3夫婦がやって来ました。

義兄3は、開口一番、「どう、考えてるんや!」

どうって・・・
あたし、きのう、おねえさんに、せつめい、したじゃない・・・


ここで、親族図再掲

姑の元夫(戦死)
 ├――義兄1(お金を借りている)
 │
 ├――義姉2
 │   │
 │  義兄2
 姑
 ├――義姉3
 │   │
 │  義兄3(保証人をお願いしている)
 │
 ├――旦那
 │   │
 │   私
 │
 ├――義妹5
 │   │
 │  義弟5(保証人をお願いしている&保証人になっている)
 │
 ├――義妹6
 │   │
 │  義弟6
 舅

義兄3と義弟5には娘の学費ローンの保証人になってもらっていました。
舅からお金を借りることができれば、義兄3達には何も言わなくても済むと思っていたのですが、舅に断られ、そうすると、自己破産するかもしれないなんて話が舅や姑から義兄3達の所にいくかもしれないと思い、私や旦那本人から聞くのと、第三者である舅や姑から聞くのとでは、受け取るショックも違うだろうと、舅に断られた翌日、義兄3宅まで行きました。
が、時既に遅し、義姉3は舅姑から話を聞いたあとでした。

義兄3はサラリーマン、義姉3はパート、自営業の資金繰りの大変さなんてわかってもらうべくもありませんでした。

不景気で業績が悪化し、収入が少なくなることは想定内で、
そのときのために貯金をしておくのが当然だそうです。

貴女の弟の稼ぎでは貯金なんておろか、生活費すらなかったのよ、
とは、ここでも言えませんでした。

この8月さえ乗り切ることができれば、なんとかなるから、迷惑を掛けないように必死でがんばるからと言いました。

それに対して、絶対に迷惑は掛けてくれるなとの、力強い励ましを戴きました。

そして、親は老齢なのだから心配を掛けるなと。
旦那の病気のことで、親がどれだけ心配してるのかということを、懇々と諭されました。

私は、義姉3に言いました。
「今度のことで、一番ショックだったのは、じいちゃんがお金を貸してくれなかったことじゃなくて、あたしがおとうさんを仕事に追いやってたと思われてたことなんですよ。
 それなら、まるで鬼嫁じゃないですか。
 じいちゃんやばあちゃんに鬼嫁って思われてたことのほうがショックでした・・・」

義姉3からは、「夫婦なんだからそういうこともあるんじゃないの」と肯定されてしまいました。
「そんなことないわよ。さくらさんはよくしてくれてるじゃない」なんて言葉を期待していた私は甘かったようです。
それにしても、自分の親が嫁に対してひどいことを言ったとも思わなかったんでしょうかねえ。

義兄3宅から、義弟5宅に行きました。

ここでは打って変わって、和やかな雰囲気で、義弟5は、自分の取引銀行に話をしてやるから、それで8月を乗り越えれば、と言いました。保証人にもなってやるからと。
義妹5も、自営業には自営業にしかわからない苦労があるからねえ、と。

ただ、舅の鬼嫁発言は、ここでも肯定されたようです。
私が鬼嫁だと親戚中で思われているのは、この時点で確定しました。


さて、病院から帰ったばかりのところにきた義兄3夫婦は、自分達に迷惑を掛けられては困ると言いました。

この時の学費ローンの残高は約60万円、保証人が二人なので、万一の場合は約30万円を負担させてしまうことになります。

この60万円を一括で払ってしまえば、義兄3に迷惑を掛けるのは避けることができるのですが、旦那が自己破産するとなると、1件だけ返済することは駄目なのです。

それを説明すると義兄3は、どういうわけか
「いや、いいよ。その分はもういいから。
 自分はその分はいらないから」
いらないって・・・・何がどういいのか、いまだにわかりません。

義姉3は、舅から、前日の私と舅とのやりとり
「じいちゃん、仮に治療を続けることになってもね、うちにはもう治療代を払えるお金がないのよ。
お金がなければ、治療は続けられないでしょ」

「!!!あんたは、○○(旦那)の病気が治らんでもええのか!!!」
「じいちゃん・・・・
 いくら治療を続けたくってもね、お金がないと続けられないのよ」

「あんたは、金!金!言うて、金と○○の身体とどっちが大事なんや!!!」
「じいちゃん・・・・
 うちはもうお金がなくてね、自殺を考えるところまで追い詰められてるのよ」

「あんたがそんな薄情もんとは思ってなかったわ!!!」

も、聞いて知っていました。

義姉3の言い分としては
「さくらさん、あなたねえ、親に自殺だなんて言葉を言うなんていったい何を考えてるのよ。
 とんでもない人ね。
 あなたね、親がどれだけ○○(旦那)のことを心配しているのか知っているの」


えっ、えっ、えっ~~~~

「そんなに心配なんだったら、治療代を貸してくれればいいじゃないですか。
 お金がないから、治療できないって言ってるのに」


なぜ、この人達には「お金がないから治療費が出せない。治療を続けるにはお金が必要だ」という単純明快なことがわからないのでしょうか?

「自殺っておおげさじゃないんですよ。このままだったら、旦那は自己破産しか道は残されていないし、私は自己破産すると仕事ができなくなって、無収入になるし、そうなると自殺しかありません・・・・
 だから、じいちゃんに頼みに行ったんですよ・・・」


「あらあ、そこまで切羽詰まってるなんて誰も思ってないんじゃない?」

「切羽詰まってなかったら、借りに行くわけがないじゃないですか!
 もう、どうしようもないから、お願いしに行ったんですよ」


「あら、そおお?」


義姉3は、その後もしつこいぐらい、親が心配している、親に心配かけるなと言っていました。


けれども、その親からは、1日の電話以後何の連絡もありませんでした。
病院までついていくと言った舅からも、どういう話になったのかという問い合わせすらありませんでした。
治療を続けるのか止めるのか、その結果は気にならなかったのでしょうか。
自分の耳で、聞かなければ、主治医の先生がどう言ったのかはどうでもいいのでしょうか。

本当に心配しているのなら、どうだったの電話があってもよさそうなものだと思います。
舅の「心配している」は、ポーズだけです。
前にも義兄1に対してそういうことがありましたから。
その話は義姉3も知っていることなのに。
 

この時の義兄3の横柄ともいえる態度、口ぶりに旦那は切れてしまい、親戚付き合いは無くなってしまいました。
あんな奴ら(舅と義兄3)の顔も見たくないと。



毎年、8月14日と1月3日には、親戚中が実家に集まるのですが、旦那は去年の8月も、今年の1月も行っていません。



そう、今年の8月14日がもう目の前に迫っているのです。


今日のお買い物
豆腐1丁78
レタス1玉238
きゅうり3本198
1P88
マカロニ1袋100
細切たけのこ1袋100
ソーメンつゆ1本198
1P88
今日の支出合計1,088
今日の割当 (1日1,290)-635
今日迄の予算残-1,723
今月の累計17,203
予算残高22,797
あと 19 日1,199
今日のご飯
具たくさんソーメン
レタスサラダ

スーパーに行くと、卵を安売りしていました。
普段は188円なのに、今日は88円。
ただし、500円以上お買い上げのお客様限定。

なので、500円以上になるように計算して、レジに2回並びました(笑)

具たくさんソーメンは、我が家特製。
ソーメン鉢、つゆ鉢とは別に、
錦糸卵、ハムの千切り、きゅうりの千切り、千切り干椎茸の甘辛煮付けを1人分ずつお皿に盛り付けます。
あっさりソーメンがおいしくいただけます。

レタスは相も変わらず高かったのですが、他のお店では298円していたので、思い切って238円で買いました。
早く野菜の値段が安定するといいですね。



毎日暑い日が続きますね。
皆様お盆休みでしょうか。

うちは、私が今日から、旦那と息子が明日からお盆休みです。
娘にはお盆休みがありません。どこかで夏季休暇なるものをとるのでしょうが。



さて、娘のエピソードその1も5回目となってしまいました。
今回で終わりそうにもありません・・・・


これを書き始めたことがストレスになっているのかもしれません。
思い出さずに、記憶の奥底に沈めて、なかったことにしてしまったほうが楽だったのかもしれません。

書きながら、読み直しながら、また傷口を広げているような気がします。
書き始めたときはそんなことは予想もしなかったのですが。
旦那の親族たちから受けた傷は永遠に癒えそうもないような気がします。


せめて、ここに書くことによって、心の中を整理し、あの人たちに振り回されないようにしなければと思います。


===================

旦那の実家からの帰り道―

じいちゃんは、『自分が死んだあと』って言ってたけど、、、

じいちゃんがそう言ったとき、
『だいじょうぶよ、じいちゃん、あたしたちがついてるから』
って言ったほうがよかったのかしら?

『じいちゃんとばあちゃんとお義兄さん(義兄1)の面倒はあたし達が見る』って常々言ってるんだから、いまさら、取って付けたように言わなくてもいいと思ったんだけど、、、

今から引き返して、
『だいじょうぶよ、じいちゃん、あたしたちがついてるから』
って言えば、貸してくれるのかしら?

ううん、そんなはずないわよね~~~
貸すのが嫌なんだから・・・





その翌日(8月1日)舅から電話がありました。
2日に病院に行くことになっていて、舅はそれに付いて行くと言います。
主治医の先生に、旦那の言っていることが本当かどうか確かめに行くそうです。
自分の耳で、主治医の先生がなんと言うか聞きたいそうです。


は?

わかりません。意味がわかりません。

本当かどうかって・・・

旦那がうそを言っているとでも?

旦那は『治療費が出せなくって、副作用もきついから、治療をやめる』と言ってるだけなのに、
それのどこがうそだと?

主治医に確かめるということは、『副作用がきつい』がうそだと?

わけわかりません。


で、自分も行くので、自分の所に寄って欲しいということでした。

舅が話すことは、お願いではなく、命令です。
結婚後ずっとそういうスタンスでした。


旦那が掛かっている病院まで、高速を利用して1時間半ほど掛かります。
予約時間に間に合うように7時半頃には家を出ます。
検査をして、診察をして、薬をもらうと3時頃になります。
それからまた、1時間半ほど掛けて帰って来ます。

元気な時でも、その行程は疲れるのに、旦那は無理を押して運転していくわけです。
(私? 私が運転する横に乗っていると、まだもっと疲れるそうです)

舅を乗せていくとしたら、あと1時間ずつ余分に掛かります。
朝は6時半に出なければならなくなります。
帰りも5時半とかになります。
ましてや、舅は杖をついて歩くのがやっとで、普通の人の3倍位の時間がかかります。
大学病院の中のあちこちを移動しなければならないのに、舅と一緒なら、よけいに疲れます。

なぜ、その辺のところを考えてくれないのか、理解に苦しみます。

「じいちゃん、仮に治療を続けることになってもね、うちにはもう治療代を払えるお金がないのよ。
お金がなければ、治療は続けられないでしょ」


「!!!あんたは、○○(旦那)の病気が治らんでもええのか!!!」

「じいちゃん・・・・
 いくら治療を続けたくってもね、お金がないと続けられないのよ」


「あんたは、金!金!言うて、金と○○の身体とどっちが大事なんや!!!」

「じいちゃん・・・・
 うちはもうお金がなくてね、自殺を考えるところまで追い詰められてるのよ」


「あんたがそんな薄情もんとは思ってなかったわ!!!」




なんで、そうなるの・・・

旦那の病気を治したいからこそ、その前の日にお金を貸してってお願いに行ったんじゃない。
それを断ったくせして、なにが、病気は治らんでもええのか、なのよ!

そっくりそのまま、返してやりたいわ!

あんたは親の癖して、息子の病気が治らんでもええのか!!!!!!!!!!!!!



旦那は、そういう親だと気づいていたようでした。

「な、やっぱり駄目やったろ」

「うん、せやけどな、あたしの親は普通やないてわかってるから、こういうときに頼んだりせんけど、おとうさんの親は普通やと思ってたけどねえ。普通やなかったね」

「うちの親は普通やないで」

「あたし、今まで、じいちゃんにもばあちゃんにも一杯尽くしてきたのにねえ。一生懸命してきたのにねえ」

「うん、おかあさんが一生懸命してきたんは、おとうさんが知ってるから」

「もし、あたしたちの子供が頼ってきたら、なんとしてでも力になってやるのにね」

「うん、お金がなかったら、田んぼを売ってでもなんとかしてやるのにね」

「うん、なんか悲しいね」

「せやから、もう親の面倒なんか見んでええで」

「・・・・・」

「・・・・・」



この翌日、病院へは私達夫婦だけで行きました。

主治医の先生は、自分自身もこの治療法の実験台として副作用も経験しているので副作用のきつさはよくわかりますよ、ここからが医者の匙加減なんですよ、一緒にがんばりましょうね、とおっしゃってくださいました。

精神科の先生は、副作用で鬱にもなっているので、そのせいでいらいらしたり、仕事への意欲がなくなったり、食欲も落ちたりしているとのことで、抗鬱剤を処方してくださいました。

その他に、皮膚科や口腔内科からもお薬を出してもらいました。

そうやって、やっと旦那も治療を続けようと前向きになってくれて、病院からの帰途に着いたわけですが、またもや理不尽というものが私達を待ち受けていました。

今日のお買い物
なし  
   
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,290)-1,925
今日迄の予算残-1,925
今月の累計16,115
予算残高23,885
あと 20 日1,194
今日のご飯
事務所の打ち上げで今日は自宅ご飯なし

今日もとても疲れています。
背中、腎臓の裏側あたりが痛くって・・・

内臓からくる痛みじゃなくって、ストレスからくる筋肉の緊張だと思います。

なので、病院には行きませんでした。
筋肉の緊張を和らげるお薬を前にもらっていたのですが、探しても見つかりませんでした。
じっと我慢して痛みが通り過ぎるのを待つしかないかな。



このストレスは、8月14日まで続くと思われ・・・・・


その理由は・・・・・


娘のエピソードその1の続きで明らかになる予定

今日のお買い物
お弁当2個798
白岳1本1,290
   
今日の支出合計2,088
今日の割当 (1日1,290)-1,127
今日迄の予算残-3,215
今月の累計16,115
予算残高23,885
あと 21 日1,137
今日のご飯
お弁当

とても疲れています。ご飯作れないぐらいに。

それで、お弁当を買ってきました。

明日の旦那のお弁当もお休みすることにします。

いつも思うんですけど、うちの場合
おかずを作るより、お弁当を買うほうが安くつくんですよね。
なんでなんだろ?


今日のお買い物
なし  
   
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,290)-2,4175
今日迄の予算残-2,417
今月の累計14,027
予算残高25,973
あと 22 日1,180
今日のご飯
オムレツ
白菜の味噌汁

夕食の支度をしながら思うこと――

前だったら、キャベツだけのオムレツなんて作らなかっただろうなあ。

ウスターソースもないし、
とんかつソースもないし、
お好み焼きソースもないし、
レタスもきゅうりもイカもベーコンもないし、

ああ、ストレス溜まってそう・・・・

どか買いしませんように 

今日のお買い物
1P188
あさり1P100
マヨネーズ1本238
今日の支出合計526
今日の割当 (1日1,290)-3,181
今日迄の予算残-3,707
今月の累計14,027
予算残高25,973
あと 23 日1,129
今日のご飯
なすのオイスターソース炒め
あさりバター

卵がきれたのでお買い物に行ってきました。
あさりが安かったのでGET。
レタスが欲しいんですけど、1玉238円だったのでやめました。
フレッシュサラダが食べた~い。



お中元にビールを戴きました♪
スーパードライ350cc 24本♪♪
節約生活を徹底するんだったら、この分の4,400円(スーパー価格)を食費に計上して、貯金orへそくりにまわすべきなんでしょうが、今のうちの食費では4,400円を出すことができません。
で、
食費には計上せず、ありがたくビールを飲まさせていただきます♪




他のクライアント様へ
 お菓子よりも、ジュースよりも、ビールがいいです♪

この記事は娘のエピソードを紹介するための前振りの続きです。

エピソード自体はあっけないぐらい短いものですが、前振りが長くって・・・
よろしくお付き合いくださいませ。



去年の7月31日(日)
旦那の実家を訪れ舅に、旦那の病状と、副作用がきつくって治療をやめたいと言っていること、そして、我が家の窮状からは、治療費の捻出どころか、自己破産も避けられない状態であることを話しました。

「○○(旦那)の仕事はどんなね?」

運賃単価が下がった上に、燃料費が上がって利益が出ていないこと、仕事の総量自体が少なくなってきたことなどを話しました。

「じゃあ、あんたのほうは?」
と聞かれました。

え、あんたのほうは?って・・・

「あたしのほうも、この不景気のせいで、廃業するところもあるし、廃業までいかなくても、今まで毎月お願いされてたところが年1回でいいと言われたり、売掛金が回収できなかったりして、収入は随分減っています」

「○○子(娘)は生活費は入れとらんとね?」

その言い方なんかむかつくんだけど・・・
入れてたわよ。
その辺ちゃんと躾けてますわよ。
ちゃんと入れてましたよ。
だけど・・・

「○○子は、病気で会社を辞めたんですよ。だから、今は入れることができないんですよ。
 ようやく新しい会社に行き始めたんですけどね、この夏のボーナスはなかったので、○○子のボーナス払いの分も立て替えて・・・
 だから、よけいに資金繰がきついんですよ」


「じゃあ、○○子は貯金はしてなかったのかい。勤め始めて何年にもなるだろ」

じいちゃん、なんか方向が違うと思うんだけど。
孫が貯金してなかったことを責める前に、自分の息子を一人前に育てられなかったことに気がついてるの?
自分の息子は貯金しなくてもよくて、あたしの娘は貯金しなくて責められるわけ?
あんたの息子が普通に稼いでいれば、うちはこんなに借金作ることもなかったのよ。

てなことを言えるわけもなく、ただうつむく私。

「あのう、今年の3月にア○○○から400万円借りたんですけど、その保証人に△△さん(義弟5)になってもらっているんですよ。
 もし、うちが自己破産でもすれば、△△さんのところに請求が行くから、△△さんに迷惑を掛けることになってしまうし、一括で払えなんてことになったら、とてもじゃないけど400万円なんて無理だと思うんですよ」


「うむ。連鎖倒産になるな」

じ、じいちゃん、なに?その言い方・・・・・
じいちゃんが『連鎖倒産』という言葉を知っているのはわかったけど、その他人事みたいな言い方はなあに?
あなたの可愛い娘が路頭に迷うかも知れないのよ。
『連鎖倒産』になってもいいの???

「あの、だから、連鎖倒産なんてことは避けたいと思うんですよ。
 だから、うちが自己破産してしまうのなら、△△さんにじいちゃんのほうから400万円を貸してあげて欲しいと思ったんですが。
 でもそれなら、ア○○○の分は金利だけ返しておけばいいんですけど、その金利だけでも月に8万円になるので、自己破産する前に、その分をうちに貸してもらえるのなら、金利の分も払わなくてもよくなるし、うちも自己破産しなくてもよくなって、△△さんにも迷惑がかからないと思うんですよ。
 そして、もしうちが自己破産するなら、保証人になってもらっているお兄さん(義兄2)にも迷惑がかかるし、お金を借りているお兄さん(義兄1)にも返せなくなってしまうし。
 だから、せめて400万円をうちに貸してもらえませんか?
 きついのは来月8月なんです。9月になればお金は廻ります。
 3年経てば、借りたお金は返せるようになります。
 だから、自己破産せずに済むように400万円をうちに貸してもらえませんか?」


「う~~~ん。
 わしゃ、400万円ぐらいの金は持っとるが・・・・・
 だが、それを出すとわしは1文無しになる。
 その金は、わしが死んだ後、婆さんや□□(身障者の義兄1)のために置いといてやらんといかん金じゃ」


うっそ~~~
何が1文無しね。3000万円も持ってるじゃない。
あたし、ばあちゃんから聞いたのよ。
郵便局の口座が枠一杯で貯金ができないから義兄1の名前で貯金してたけど、それも一杯になってしまったって。
つい、この間聞いたばかりなのよ。
じいちゃんったら、あたしが知らないと思って嘘つくんだわ。
けど、ばあちゃんから聞いたって言えば、ばあちゃんが怒られるから言えないし・・・

「な、わしが死んだあと、婆さんや□□が生活していくために必要な金なんじゃ。わかるど。その金は貸すわけにはいかん」

死んだあとって・・・・・
うちが長男だから、じいちゃんやばあちゃんや□□兄さん(義兄1)の面倒は見るって常々言ってるじゃない。
うちが家を新築した時だって、じいちゃんたちの部屋だって用意して、いつでもうちに越して来ていいって言ってるじゃない。
それに、仮にじいちゃんの言うとおり400万円しかなかったとしても、そのお金が必要なのは、じいちゃんが死んだあとなんでしょ。
うちは今要るのよ。

でも・・・・・
じいちゃんは嘘をつくのよね。
嘘をついてまで貸したくはないのよね。
くれって言ってるんじゃないのよ。
3年経てば返せるようになるって言ってるのよ。
でも、貸したくないのよね。

長男の病気の治療をストップして、
長男夫婦が自己破産して、
次女夫婦も連鎖倒産して、
長女の夫にも迷惑かけて、
身障者の義息子のお金も戻ってこなくなっても、
それでも、貸したくないのね。
わかったわ。

「あんたも、わしの気持ちがわかるど?」

「わかりました」

ええ、わかりました。
ようくわかりました。
持ってるくせに、嘘をついてまで貸したくないという気持ちはようくわかりました。

「それとな、婆さんと話しとったんだが、○○(旦那)は病気できついのに、あんたが○○を仕事に追いよりやったろ?」

は、なに、それ?!

「そんなことないですよ。どうしてそんなこと思うんですか。
 旦那は無理して仕事に出てましたけど、それは旦那が自分で体調を見ながらでしたよ。
 どうしてもきつくって休みたい時には休んでましたよ」


「そがんね。わしと婆さんは、あんたが○○の尻を叩きよると思ってた」

なんで、そうなるの・・・・・


私は惨澹たる思いで旦那の実家を後にしました。
今日のお買い物
なし  
   
   
今日の支出合計0
今日の割当 (1日1,290)-4,471
今日迄の予算残-4,471
今月の累計13,501
予算残高26,499
あと 24 日1,104
今日のご飯
かつおのバター炒め
マカロニサラダ

この前丸々1尾買ったかつおがまだ残っていました。
買った日はタタキで食べて、それはおいしかったのですが、
あくる日に煮付けてお弁当に入れたのは、旦那からブーイングが来ました。
私はおいしいと思ったのですが、旦那の口には合わなかったようです。
で、あと1回分残っているのを、ワンコにやるのももったいないしということで、今日バター炒めにしました。
おいしかったのに・・・・・旦那からはやっぱりブーイングが来ました。
今度からかつおを1本で買うのはやめます(笑)

マカロニサラダは我が家の定番料理。
酒の肴にもなるし、ご飯のおかずにもなるし。
今日は、マカロニサラダがあってよかった~~~
2006.08.07 8月6日
今日のお買い物
カップラーメン2個177
冷)チヂミ1袋183
冷)ほうれんそうバター炒1袋189
冷)ごまだれ豚カツ1袋176
冷)若鶏の唐揚1袋347
冷)春巻1袋176
冷)いわしだんご1袋176
なすと春雨のオイスター炒1袋313
長なす2本198
塩さば1尾398
もやし1袋30
たくあん1袋208
野菜てんぷら1P155
ウインナー1袋298
ご飯ですよ1瓶198
牛サーロイン1P498
ピーマン1袋158
今日の支出合計3,878
今日の割当 (1日1,290)-1,883
今日迄の予算残-5,761
今月の累計13,501
予算残高26,499
あと 25 日1,059
今日のご飯
焼肉

旦那の要請を受け入れて焼肉。ただし、輸入肉。

冷凍食品が4割引だったので、まとめて買ったけれど・・・

お弁当を作るようになってから食費が抑えられない。

こんなじゃだめだなあ。

「手許のお金だけで生活する」ことを考えたら、こんな使いっぷりじゃだめだな。

お金がない時には、おにぎりだけで済ますことも考えなきゃということがわかってるのかな?

どこまでホンキで実行できるんだろ。

『お金がないから買えません』って旦那に言えるんだろか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。