上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自己破産や個人再生をすると所得税がかかるので注意しましょう」
という記事をどこかの借金整理お役立ちサイトで見ました。

 ↑探しに行きましたがたどりつけませんでした。

で、内容を思い出してみると、
自己破産や個人再生の場合、債務免除をしてもらうことになるので、
債務免除益が発生して、一時所得として課税されることがあるから気をつけようと。

うん?ん? おかしいよ。
借金が返せなくなって、裁判所に申し立てて、裁判所の認可等のもとに借金が減額されたのに、
減額された分の所得税がかかるって。
そんな所得税払うお金がどこにあるのよ。
何のために減額されたのよ!

ということで、またまた調べてみました。

相続税法
第八条  対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で債務の免除、引受け又は第三者のためにする債務の弁済による利益を受けた場合においては、当該債務の免除、引受け又は弁済があつた時において、当該債務の免除、引受け又は弁済による利益を受けた者が、当該債務の免除、引受け又は弁済に係る債務の金額に相当する金額(対価の支払があつた場合には、その価額を控除した金額)を当該債務の免除、引受け又は弁済をした者から贈与(当該債務の免除、引受け又は弁済が遺言によりなされた場合には、遺贈)により取得したものとみなす。ただし、当該債務の免除、引受け又は弁済が次の各号のいずれかに該当する場合においては、その贈与又は遺贈により取得したものとみなされた金額のうちその債務を弁済することが困難である部分の金額については、この限りでない。
一  債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合において、当該債務の全部又は一部の免除を受けたとき。
二  債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合において、その債務者の扶養義務者によつて当該債務の全部又は一部の引受け又は弁済がなされたとき。


いやあ、長ったらしいですねえ(笑)
要するに、「債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」には相続税や贈与税がかからないということ。

で、冒頭には「所得税」となっているのは、法人からの贈与は「一時所得」となるので、
債務整理をする人の債権者は、ほとんど法人なので、
冒頭のサイトの解説では、その辺が省略してあったのかなあと。

けど、債務整理をする人というのは、
だいたいにおいて、「債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」と思うんですよね。

資力があって債務を弁済することが困難でなければ、債務整理なんかしなくていいんだし。

ということで、人騒がせな解説だと思いました。


ついでに、保証人が立替払いした場合も、主債務者が、資力を喪失して債務を弁済することが困難で、主債務者に求償できないときには贈与税がかかりませんし、
その保証人が立替払いをするために、自分の不動産を売却した場合も、主債務者が、資力を喪失して債務を弁済することが困難で、主債務者に求償できないときには譲渡所得税はかかりません。

スポンサーサイト
えっと、私が死亡した場合、
相続人は、旦那と息子と娘です。

(仮に、単純相続をすると、私の借金を3人で払わないといけないようになりますしね。
限定承認しても、債務超過の状態ですから、家は残りません)

まず、この3人が相続放棄をします。

そうすると、相続人は、私の親に移ります。
親にも相続放棄してもらいます。

そうすると、次の相続人は私の姉妹になります。
姉妹にも相続放棄してもらいます。

まあ、ここで、親や姉妹が相続放棄をしなければ、借金も親や姉妹にいくのですから、
放棄するでしょうね。

で、姉妹も相続放棄をするなら、それ以上相続人はいません。
となると、家土地の私の持分は、所有者がいないことになります。

所有者がいないということは――
民法239条2項により国庫財産になります。

(無主物の帰属)第239条 所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。
2 所有者のない不動産は、国庫に帰属する。


ただし、ただし、ただし、うちの家土地は共有なんですよ。
そこで次の条文があてはまります。

(持分の放棄及び共有者の死亡)第255条 共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。

でもって、
(相続の放棄の効力)第939条 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

ね、ね、ね、
「死亡して相続人がないとき」にあてはまるでしょ。

なので、共有者である旦那のものになると。



と、私は理解しているのですが、
専門家の方、どうでしょうか?


こんにちは♪

うちの自宅(建物&敷地)は旦那との共有です。

約20年自転車操業を続けていますので、それなりに大昔から(笑)借金があります。

マイホームを持ったのはH12年。
それまでは、旦那か私に万が一のことがあれば相続放棄をすれば、
借金はチャラになると楽観していました。

ところが、マイホームを持つと、家族にマイホームを残したくなるんですね。
住宅金融公庫の特約に夫婦で入っているので、どちらかが死亡すると、
その後の住宅ローンは払わなくてよくなるわけなんですが。
(その特約料が年間13万円強というのはイタイですが)

特に、マイホームを建てた頃というのは、旦那の実収入はほとんどありませんでした。
なので、旦那が先に逝けば、住宅ローンは払わなくてよくなるし、
旦那の借金を相続しても、私が引き続き払っていくだけだから、
デメリットはないです。
旦那の生活費が要らなくなる上、旦那の生命保険が入ってくるからグーですねえ♪

ところが、私が先に逝った場合、
いくら、住宅ローンを払わなくてよくなるとしても、
私の借金を旦那が返していくのは到底無理です。
だからといって、相続放棄をすれば、マイホームも無くなってしまいます。

で、前回債務整理を考えたとき(H13年)司法書士さんに尋ねてみました。
「死因贈与」でマイホームを旦那や子供に残せないか、と。
(「相続」を放棄しても、「贈与」は受けられます)

司法書士さんの返事は、「贈与」は「詐害行為」に当たるので、
遺言書に書いておいても、債権者が持っていってしまうから、だめなんですって。

じゃあ、仕方がないからと、私の生命保険を増額してきました。
いま、もし私が事故死すれば、保険金が3600万円おります。
私の借金と旦那の借金と、息子に名義を借りている借金も全部返してもまだおつりが来ます。
(病死ならちょっと足りないんですけど)
そうしたら、旦那も子供に迷惑かけずに生活していけるだろうと。

ただ、保険料も高くなってしまって、家計を圧迫しています。

私がいなくなった後の旦那のことまで考えなくていいなら、
そんなに生命保険料払わなくてもいいのにねえ。

ところが、今回、どの方法で債務整理をしようかと、
法律の条文を眺めていたら、あることに気づきました。

あ、あれ使えば、相続放棄してもマイホームは残るはず!

ここで一旦UPして、条文を探してきますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。