上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.16 境界線
ほんっとご無沙汰しておりました。
仕事が忙しくなって、その後ごたごたが続いておりまして。

またまた言われちゃいました。
「おまえなんか離婚や!さっさと出して来い!」

今度そういうこと(↑)を言ったら即離婚届を出すと言ってあったので、出しに行こうと思いました。
今回ばかりは本気で離婚しようと思いました。
ブログを書いていなかった間にいろいろありまして。
で、離婚するには、その後の生活について、それなりの話し合いも必要だと思って話し合いをしたら・・・・
撤回されちゃいました。

私ってなにやってんですかね。
自己嫌悪に陥っています。

私って結局いいかっこしいなんですかね。
自分の収入だけで暮らせない旦那を追い出すことが人間としてものすごく悪いことをするかのように思ってしまう・・・
そんなひどいことをする人間だとは思われたくないと思っているみたい・・・

けど、そういう私の考えが、私と旦那との間の境界をあいまいにしてきたんだと気づいたんです。

最近旦那の酒量が増えて、私はいやだなあと思っています。
何がいやかって言うと、
一昨年から去年にかけて高い治療費をかけて治療してやっと治って、今でもまだ半年毎の検査を続けているというのに
1)再発したら、また治療しなければならない。また治療費がかかる。
2)酒代が高くつく。
3)飲むとうだうだ言う。
4)治療費と酒代は誰が出すのよ!あたしはそんなもの出したくないわ!!!

私のかかっている心療科の先生にその話をしたら、アルコール依存症の疑いがあるみたいと言われました。
じゃあ、私は(それを治すために)どういう手助けをしたらいいかと尋ねたら、距離をおくことだと言われました。
あれこれ世話を焼くことは、かえって本人のためによくないって。


私は、旦那との間に境界線を引こうと思います、遅ればせながら(笑)



スポンサーサイト
昨日、旦那は事故もなく、検問にあうこともなく、帰ってきました。
ほっとしました。
これで明日整備工場に入れれば、減点や罰金の心配がなくなります。


あと残っている厄介事は、今月の支払いでしょうか。



私は、家族は助け合うべきものだと思っています。

だったら、旦那の収入が少なくって支払いに不足する場合、どうすれば・・・・・



私が参考にしているサイトです。

『家族という名の強制収用所』 ― 『共依存とは』

『ココロの荷物のおろしかた』 ― 『共依存を疑った時は』

『21世紀家族研究所』 ― 『共依存診断テスト』

これらのサイトを見て、最初に感じたことは、
「あたしって共依存っぽいのかな」でした。

でも、うちの経済面を考えると、共依存に当てはまる項目は増えていきました。

たとえば、
・自らを犠牲にして他人を助けたり、世話したりする
「こんなこと、してないわ」と思っていたのに、経済面に於いてはやっちゃってたんですよね。

自分の稼ぎを旦那に廻す
自分の支払いは後回しにして、旦那の支払いをする
旦那のために、自分名義で借金をする


これってね、自分で進んでしてたわけじゃありません。
ぜんぜん、納得いかなくって、はがゆくって。

けどね、納得いかないって言いながら、実行してたのは、自分だったわけですよ。

だから、もうや~~めたって言いたいわけです。

けど、家族って助け合うものでしょ?

この二つの線引きってどこでするの?
 


いちおうね、自分で考えてみました。
手助けすることが相手(旦那)にとって良い方向に向かわないのなら、しない。

ああ、その前に、私の稼ぎと旦那の稼ぎを区別する所から始めます。
いままでは、どんぶり勘定だったのね、返済するのに必死で、自転車漕ぐのに必死で。
てゆうか、区別してもと言うか、区別するならよけいに旦那の稼ぎの少ないのが前面に現れて、私がココロ穏やかでいられなかったわけ。
私の中では、生活費は亭主(大黒柱)が稼いで当然という考えがあったから。
だから、不満だったし、不満だからこそ、その部分は見たくない、気づきたくない、蓋をしておきたいって矛盾だらけだったような。
ここでちょっと、考え方を変えて、自分の分は自分ですることにしたらどうかなって。
それぞれで負担し合う、持ち寄るってことにしたらどうかなって。


今からしようとしていることは、それぞれの稼ぎは、それぞれで管理し、遣り繰りする。
これは、旦那にも話して、来年1月から実行する予定。

あと、生活費のうち、それぞれの分はそれぞれで負担し(たとえば、生命保険、医療費、衣服費、本代、アルコール代)、共通部分(たとえば、食費、光熱費、消耗品)は折半にしたいと思ってるんだけど。

どうかなあ?

足りない分は立て替えておくから。
なんていうか、あたしってばかだったなあって思っています。

結婚して1週間後に殴られて、その後もしょっちゅう殴られてるとか、給料少ないのに全部入れないとか、売り上げごまかすとか、飲み歩くとか、競輪競馬パチンコでスッテくるとか、、、、、、

文句言いながらでも、尻拭いをしちゃってるんですよね。

借金が膨らんだのも旦那の逃避行のせいです。
その後始末の為にローンを組み(後述)、無職になってしまった旦那のサラ金返済を引き受け、逃避行の相手方の配偶者から逃げるための引越し費用の為に、私名義での初めてのサラ金からの借金。

ほんと、ばかだったなあって思う・・・・・

当時の私の心境としては、
旦那に寄り添って、旦那を支えて
だったんですよね。

旦那とやり直すためには、
いったん、旦那と同じレベルまで下りなきゃ
と、思ったんですよ。(不遜な言い方かもしれないけど)

だから、旦那の言うとおりにしたし。
このころ、あたしの判断力ってのはなかったと一緒かも。

でも、
それは、絶対におかしい!
と、とことん反対したけど、結局旦那の言い分を認めたのが、
慰謝料の支払い

浮気相手の旦那(旦那の友達)から慰謝料を請求されました。
そんなもの払う必要がないというのが私の言い分。
「あんたが払うんだったら、あたしが浮気相手に請求するから、ちゃらになるじゃん」
旦那は、こっちから請求するなんてだめだって。
だったら、自分だって払わなきゃいいのに、自分は払うんですって。

先方の言い分は、自分の車の修理代がディーラーに180万円ある。
そっちも一括では苦しいだろうから、それをそっち(旦那)の名義でローンを組み、払って欲しい。
それで手を打つ。

その、先方の言い分を旦那は飲むって言うの。

でも、ちょっと待って。
旦那は、ダンプ仲間の間で、"友達の奥さんと駆け落ちをした"という噂(いや、噂じゃなくて事実なんだけど)が広まっているなか、ダンプの仕事になんか戻れないといって、ダンプは売ってしまって、無職になったんですよ。無収入なんですよ。
どうやって、慰謝料払うの?

180万円を5年ローンにすると、4万円の60回払い、総額240万円。
あたし、払いました。
あたしが払いました。
毎月毎月、郵便局の口座に入金しに60回通いました。

ばかでしょう、浮気されて慰謝料払うなんて。

ほんと、ばかだわ。

そのばかの結晶が、今回の債務整理なんでしょうね。

もう、これで、ばかはおしまいにします。









だから、今度のダンプの車検費用は、今までみたいに出してあげない。

1週間ほど前に、旦那から
「あ~、今度、ダンプ車検やから」

「あのねえ、うちはもうどこからも借りられないのよ。分かってるよね。あんたのほうで、車検代残ってると思う?」

「いいや・・・・・」

「でしょ、あたしのほうだって、そんな余裕ないわよ」

「・・・・・」

そこで、旦那が黙ってしまったので、その後も、どうするのかな~と思いながら、こっちからは聞きませんでした。
だって、なまじっか聞けば、出すはめになってしまうから。

ダンプの車検期日は昨日でした。

一昨日、たまたま別の人の車検の話が出たから、どうするのって聞いたら、6日が集金日だから(5日が日曜なので)6日に車検を受けるって。
だったら、6日まで車検代を立て替えてあげるって言ったんですけど、もう6日車検で、ほうぼうに手配済みだからって。

今日、4日、無車検で乗っています。。。。。。
無事に帰ってくるといいけど。
明日5日は日曜で仕事が休みなので、今日さえ何事もなければ・・・・

ただ、うちの旦那の場合、そういうときに限って、何事かある人なんですよ。
運が悪い人なんです。

何事もないことを祈ります。




ところで、6日の集金予定金額はまだ聞いていませんが、どうも、
車検代を出したら、燃料代を払えないらしい。
ましてや、生活費なんて・・・・・・


あたし?
あたしはねえ、いま潤っているから、温泉に行きたい気分なんですよね、リフレッシュしに。
けど、おあずけだわ。
きっちり、借金返済できる目途が付くまで。


旦那が逃避行 帰ってこなかったのは10年前の4月5日金曜日。
その日が集金日だったんですね。
集金したお金を持ったまま「今日は友達の家に泊まるから」という電話がかかってきました。
その翌日には「自分はもう帰れない。子供たちのことは頼む」

なに、寝ぼけたこと言ってんの!
なにが、子供たちのこと頼む、よ!
集金のお金持ってさっさと帰ってこんかい!
支払いせなんとよ!
と、思いましたけど、連日顔を合わせば喧嘩でしたから、旦那にしてもちょっと頭を冷やしたいのかなと、あまりおおげさには捉えていませんでした。

ところが、旦那の友達から、「嫁さんも出て行ったまま帰ってこない。二人でいるらしい」と電話があって、うっそ~って感じ。

旦那の携帯にかけても繋がらないし。
旦那の親しい友人達に聞いても、誰も何も知らないということだし。
私、途方にくれちゃって。

10日(水曜日)が支払日だったんです。
業者さんへの直接支払いだけじゃなく、銀行引き落としがあるので、銀行のほうは絶対入金しないといけない。
もう既に自転車操業してましたので、引き落としができなければ、その後の資金繰りが全部狂ってしまうわけで。
集金したお金は70万円ほどで、旦那はどうも支払日までには帰ってきそうもない。

もう、仕方なく、旦那の親に頼ることにしました。
日曜日、息子と一緒に旦那の実家へ行きました。
後になって思いました。息子を連れて行っておいてよかった、って。

旦那が出て行ったことを言って、期日が迫っているので、支払いの為のお金を貸して欲しいとお願いしたんですね。
そのときに、それまでのことを聞かれたから、聞かれるままに返事してたら、結婚して1週間後に殴られて、その後もしょっちゅう殴られてるとか、給料少ないのに全部入れないとか、売り上げごまかすとか、飲み歩くとか、競輪競馬パチンコでスッテくるとか、、、、、、

まあね、返事してて、自分でびっくりしましたよ。
こうやって並べてみると、我が亭主はなんてひどい男なんだろうと。
そして、舅から「去年貸した40万円は、1ヶ月の約束だったよね」と。
開いた口が塞がりませんでした。
私は、旦那に渡しておいたのに、旦那は舅に返さずにねこばばしちゃってたんです。

なんかさあ、もう呆れてしまって、なんて情けない人なんだろうって。
それでも、私、帰ってきて欲しかったんですよね。


で、
「帰ってきて欲しいと思ってる。ものすごく酷い人だけど、帰ってきても責めたりはしないから」
って私が言ったら、それまで黙って聞いていた姑は、
「責めちゃならんばい。優しく迎え入れてやらなんと」

え、そこだけ強調するんですか?
あなたの息子の不始末は詫びてはくれないんですか?

舅がダメダシしてくれました。
「なあ、さくらさん。
こういっちゃなんだけど、息子が出ていったんはあんたのせいや」


「(は??? なんであたし?)・・・・・」

「あんた、ご飯を一緒に食べてなかったやろ」

「ご飯?」

「そうや、あんたは仕事が忙しいゆうて、事務所で食べて、家では、息子と子供たちだけで晩御飯を食べておったそうやないか」

「えっ、だってそれは3月の忙しいときだけじゃないですか。事務員さんだって真夜中まで仕事しているんですよ。事務員さんにだって食事を出さないといけないし、出前を取って、あたしと事務員さんが事務所で、旦那と子供たちが家で食べて、それのどこがいけないんですか?
事務員さんのタイムカードには25時とか26時とか書いてあるんですよ。そのぐらい忙しいんです。家に食べに帰る時間がもったいないです。
それに、ものすごく忙しいのは、ほんの2,3週間のことで、1年中ってわけじゃないじゃないですか」


「いや、あんたが家で息子たちと一緒に晩御飯を食べてるなら、こういうことにはならんかった。
そのうえ、あんたは日曜日にも仕事や言うて、家にはおらんかったやろ。息子が家でくつろげんで、パチンコに行くのもしょうがないやろ。
あんたが、仕事仕事言うて、仕事にかまけとるから、息子が出て行ったんや」


あのさあ、あんたの息子が普通に稼いできとったら、あたしがあくせく仕事することもなかったんよ。
あんたの息子ときたら、会社作って社長になったとたんにええかっこして、仕事仲間たちを飲みに連れて歩いて、ツケをあたしに払わせてるんやないの。売り上げのお金はごまかして、仕入れの支払いはあたしにさせてるんやないの。
子供たちが学校行くんやってどんだけお金がかかると思うんね。
あたしが稼がんかったら、うちの家はどうにもならんのに、だのに、あたしが仕事にかまけてるって!
あんたの息子の責任はどうなってるんね!

と、言いたかったけど、言えませんでした・・・・・

結局、支払い用のお金は返さなくてもいいと、出してくれました。

でも、舅の言ったことに私は納得できず、息子に聞いてみました。
「ねえ、じいちゃんの言ったことどう思う? おかあさんが悪いんやろか?」
「ううん、おかあさんは悪くないよ。悪いのはおとうさんよ」
「そうよねえ」
「うん、聞いててね、おかあさんが可愛そうだった。めっちゃむかついた」


いま、これを書いていて、私には当時と違う感想があります。
それは、あとで♪

2006.11.01 母との訣別
旦那に包丁を突きつけられた翌日、旦那のいないときに母に電話をしました。

合格証書が実家に残っていないか尋ねました。
そして、旦那の言い分の理不尽さも母に分かってもらいたかったんですね。

けどねえ、母は私が悪いって言うの。
妻は夫の言うことを聞かなければいけない、って。
夫が悪いことをしようとしていても、邪魔しちゃいけない、って。
夫がするなら、悪いことでも良いことになるらしいのよねえ。

そうですか。。。。。。
私は相談する相手を間違えましたねぇ。

もう二度とこの人には相談するものか、と思いましたよ。
私って懲りてないんですねえ。
以前にも絶望してたのに。

その後も絶望して。。。。


私、この辺のところ前にWEBで書いていたんですよね。
サーバーが休止になったのでほったらかしにしてあったんですが。
原稿(HTML)は、パソコンの中に残っていました。

自分で読んでみたら、
『モラハラ』にも『共依存』にも気づかず、『DV』と必死に戦っている健気な私がいました。
『モラハラ』には対抗していたみたいだけど、『共依存』の部分については、
あたしがこうすればよかった、とか、
依存し依存されている状態が「しあわせ」だと感じているとか・・・・

『共依存』を知らなかった私が間違った方向に進んでたというのが見えてきます。。。。。


UPしてみました。
前のをそのままUPしていますので、リンク切れが多いです。
ご容赦のほどを。

一応、簡単に、説明など。
【薔薇恋Ⅰ】
母に振り回されて悩んでいる私

【薔薇恋Ⅱ】
"食器が飛び交う家"のことがかいてあります。
このなかで私は改善策として「あたしが電話をしとけばさえよかったわけよね。」と書いています。
"「刺し殺すぞ!」なんてね♪"のこともここに。

【薔薇恋Ⅲ】
今日の記事の母との話しとか、あの事件の概要とか。

旦那に帰ってきて欲しい理由を三つ並べて、どれか分からないとほざいていますが・・・・・・
四つ目があることを知らなかったんですね。
その 四つ目とは『共依存』

だって、私、旦那が行方不明の間に、旦那の友達と話したときに言った言葉をはっきり覚えているんですもの。
「あの人があたしを捨てるわけがない」 
 ↓
旦那は私を必要としている。
 ↓
私は旦那から必要とされている。
 ↓
私は旦那と離れられない。

このときに『共依存』のことを知っていたら、今の私の人生は違ったものになっていたかも知れません。

【薔薇恋Ⅳ】
このときの旦那はうつだったようですねえ。
仕事もやめてしまって、友達とも連絡を絶ち、私に寄りかかって生きていました。 

【薔薇恋Ⅴ】
ささいなことでイライラする自分に嫌気が差していました。
そして原因は自分にあると思っていました。

【薔薇恋Ⅵ】
人に遠慮して、物事の正邪の判断が鈍っている。と思いながら、そこから抜け出したいともがいている私がいます。

【薔薇恋Ⅶ】
昔のあたしのほうが颯爽としていたというのはなんだかなあ・・・
DVに晒されていたときのほうが、真摯に生きてたっていうのはなんだかなあ・・・
今は幸せボケかな。
目の前にあるものをちゃんと見ないで幸せごっこするのはよくないと思うんですけどねえ。


もう、ほんとボケてましたね。
そして、ついこの前まで、昔のあたしのほうが颯爽としていたことすら忘れていましたね。



私は、『AC(アダルトチルドレン)』のことを知る前に、親と訣別することを選択しました。
あの事件(旦那の逃避行)のときに『共依存』のことを知っていたら、私はもっと違う生き方をしていたと思います。

借金が膨らんだのも旦那の逃避行のせいです。
その後始末の為にローンを組み(後述)、無職になってしまった旦那のサラ金返済を引き受け、逃避行の相手方の配偶者から逃げるための引越し費用の為に、私名義での初めてのサラ金からの借金。


もしも、『共依存』のことを知っていたら・・・・

ま、いまさら言ってもしかたのないことです。

私は、未来を見つめて歩いて行きます。
過去を振り返るのは、嘆くためじゃない。
より良い未来を作るため。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。